自己紹介

私は現在、デンマークの小さな島、ボーンホルムに住む40代半ばのおばさんです。振り返ると、デンマークに住むまでの道のりは、ほぼ私の人生半分に相当するともいえます。自己紹介に際し、ここに簡単にまとめたいと思います。

デンマークへ高校留学

1991年にデンマークのコペンハーゲン市内で、4軒の家族のもとでホームステイしました。高校はTårnby Gymnasiumというところ。日本から初めて海外に来て、強烈な影響を受けました。特にデンマークの男女平等な点やワークライフバランス、持続的な社会の在り方などを見て、その後の人生が大きく変わりました。

 

デンマークへ大学院留学

デンマークに再上陸を果たしたのは、それから約20年後。日本での社会人経験を経て、すっかりおばさんになった私ですが、デンマークのことが忘れられず、コペンハーゲン大学院に留学しました。極貧の学生生活でしたが、まじめに勉強してきちんと卒業しました。

 

デンマークで就職

卒業後、うまくデンマークで仕事を見つけることができました。一気に生活レベルが向上し、コペンハーゲン市内のアパートに引っ越し。このとき、現在のパートナーと知り合いました。仕事で求められるレベルは高かったけど、9時―5時残業なし + 夏休み1か月の魅力的な職場でした。

 

デンマークから一時帰国

デンマークの会社から解雇され、就労ビザを失いました。パートナーとの遠距離恋愛を決意し、デンマークを去ります。結婚ビザを申請するにはいろいろな制約があり、私たちの場合、それを満たすためには5年間待たねばなりませんでした。

 

デンマークへホイスコーレ留学

結婚ビザ申請まで後1年というところで、デンマークの再上陸を決行。ホイスコーレ(国民学校)へ留学しました。ホイスコーレはデンマーク語の学校(Kalø Højskole)と料理の学校(Suhrs Højskole)に通いました。

 

デンマークで移民手続き

2018年1月に入籍。2018年7月に晴れて結婚ビザの申請ができました。2019年1月、移民局から申請許可が下りました。

 

デンマークで本格的に移民生活(現在)

何が起こるか、私にも分かりません。日々の気付きはブログに書いていきます。いいことが沢山、ありますように!