島のバイソン公園

ーンホルム島のほぼ中心に位置するChristian X. 通りは、別名「バイソン公園」。入場は無料です。車で入って、中を散策できます。車道は一本ですが、公園は柵で覆われていて、のっぺり森が広がっています。この道を何度通ったことでしょうか。「バイソンなんているのか、この島に」と半信半疑の私を尻目に、せっせと通うパートナー。確かに、先日、公園の近くでダマシカは見ました。

して、私もとうとうバイソンに遭遇したのです!(地図、青点がバイソン)

はいえ、なんだか微妙な遭遇。群れがいることは分かりますが、それ以外はよく判別できません。モーっと鳴くわけでも、突進してくるでもなく。「ああ、これがバイソンというものなのか」と思うよりほかになく。

うこうするうちに公園も終わりというところで、次の動物に出会いました(地図、緑点)。ダマシカです。威風堂々。この前見たダマシカより大きくて年寄りです。こちらを怖がる様子もなく、無心に虫を食べていました。

 

お、動物は公園の内外を行き来できません。車道は常に開放されていますが、路面が特殊です。ポールを連ねて作られていて、四足動物だとツルツルして先に進めないようになっています。ボーンホルム島には羊も多く放し飼いになっていますが、同じ仕組みで羊の世界は閉じられています。