しつこいけども the

分でもしつこい性格なんだな、と思います。従って、引き続きaとtheの違いを報告いたします。今回は、自分でもかなり「がってん!」な領域まで達しました。名付けて、「映画のシーンの切り替え」です。

画を見ていると、シーンがガラッと変わることがあります。例えば、学校のシーンからいきなり森のシーンに切り替わったりした場合。

森のカットには森があって、湖とコッテージがあったとします。その森のカットを初めて見たときの感覚はaです。だけどカメラがずーっとズームして、コッテージに焦点を当てたとき、そのコッテージはtheです。コッテージに続く道もtheです。すると突然、そのシーンに車と男性が登場したとします。車はa。男性もa。カメラが男性にフォーカスしたとき、その男性がサングラスをしていたとします。そうすれば、サングラスはtheです。ハンドルを握る男性の手にカメラが移ると、ハンドルはthe、手もtheです。

こで、カットが切り替わり、コッテージの庭にいる子供が映ったとします。この子供はaです。そこに先ほどの男性が現れたら、男性はthe。その手に拳銃を握っていたら、手はtheですが、拳銃はaです。拳銃が鳴り響き、カメラが湖面をしんしんと捉えたりした後、次にシーンがガラッと変わることは、映画ではよくあります。例えば、いきなりシャワーシーン。

シャワーを浴びている女性がいたら、最初はa。でもその女性がシャワールームで使っているもの、例えばシャンプーとか石鹸、バスマット、鏡などはthe。シャワーを浴び終えて、タオルで体をふき、着替えます。タオル、着替えはthe。その時ふと、女性がドアの下に挟まれた紙に気が付いたとすると、その紙はa。映画のシーンでは、わざとらしいですが、カットが大げさにズームアップされたりする瞬間です。

まり、カットが変わる瞬間、瞬間の感覚はaですが、同じシーンを見続けている間はtheとでもいうのでしょうか。同じシーンでもカットが急にズームされたり、強調されたときはaです。

あくまでも、個人的な文法解釈ですが。自分ではこれでかなり納得がいきました。

曜日にデンマーク語の先生と一緒に短編小説を読みました。その冒頭を映画風にすると、次の通り。物憂げな午後。まだ空いていない商店の階段に座っている、一人の女性がいます。女性はうとうとしています。彼女は黄色のドレスを着ていますが、少し窮屈そうに見えるほど体にぴったりして胸を締め上げています。

このシーンで、aとtheはどのように用いられるか。一人の女性はa。座っている階段はthe。着ているドレスはthe。胸はthe。結構、theが多いのです。私たちは、よく「最初に出てきたときはa、同じものが繰り返し出てきたらthe」と習います。それに倣うと、階段もドレスも胸も、この小説で初めて出てきたものなので、aでよさそうなところです。ところが先生に言わせると、「aだと気持ち悪い」。女性がいれば、至極自然にドレスが想像できて、そのドレスがきついと言えば、彼女の胸を指していることが自明だからだそうです。

生はそれを「文脈で解釈する」と言いました。直接的に言及していなくても、前後の文脈や行間を読んで自明な場合は、the。だから、一見初めて言及されるようなものであっても、aでなくtheで登場するものが結構多いのです。

でも、もしかしたらこれは、同じ文化圏だから通用するルールなのではないか、とふと思ってしまいました。つまり、論理的な思考や文化が違う場合においては、「何を自明とするか」は自明ではないからです。ざっくり言ってしまえば、お風呂の文化を知らない外人に風呂桶をtheと言っても、しっくりこないだろうということです。

ころで、This is a pen. This is an apple. という例文で日本の英語教育は始まります。歌にもなって、世界中でヒットしました。だけど、よく考えたら、変な例文です。初めてペンとりんごを見る野蛮人とか赤ちゃんに、「これはペンというものです。これはりんごというものです」と言ってるような感じではないのでしょうか。自然な流れとしては、「ペンでしょ。分かってる。で、そのペンがどうしたの?」となるでしょう。だから日本の英語教育でも、This is a pen. The pen is mine. 「これはペン。私のペン」という風に文脈で教えるべきだと思うのです。

文脈やロジックを無視して、結果だけ暗記させる詰め込み式の教育の弊害は至るところにあります。だから、私は円周率を3と覚えさせたりするのにも反対です。英語を幼児期に学ばせることにも疑問を感じます。感覚で英語を身に付けることに意義はあるでしょうが、日本においてそれを徹底するのは難しいからです。結局どこかで、語学を理論的に解釈せざるを得ず、その時必要になるのは、幼児教育ではなく、日本人として正確な国語の文法だと思うのです。

つての文豪、森鴎外や夏目漱石は語学に堪能だったと聞きます。もしかしたら、当時の英語教育が単なる詰め込み式ではなく、どのように外国人がものを見、考えるか、という側面にまで踏み込んだものだったのではないかと思うようになりました。