クライミング始動

頭の志は「今年こそはクライミング・ジムに通う」!

ートナーがせっついてくれたおかげで、本日達成致しました。

久しぶりで緊張

年以上グダグダし、クリスマスと新年を経て、まるまると重たくなった体で、子供用ルートとグレード3(日本のグレードの5.7に相当)の壁を登りました。グレード4(同じく5.8)は最後で息絶え、ゴールに手が届きませんでした。去年の夏は、デンマーク・クライミング協会のリード・クライミングのコースで「合格」のお墨付きをもらっているはずなのに。初登りは、トップロープでヘタレ登りです。

リストテレスの言葉に「全体は、はじめと中間と終わりから成る」。事に手をつけた時点で、すでに半分を為し得たも同然という意味らしいです。これは、新春に弾みがつくいい言葉です。ヘタレでもなんでも、登ればいいのだ。とにかく、今日は島のクライミング・ジムまで来ただけでよいのだ。

去年取ったリードのコース修了書

が入っているのは、ボーンホルム・クライミング協会で、今日は会長さんの他、7人メンバーが来ていました。4人の子供連れから5.11cレベルの上級者まで様々。ほのぼのした雰囲気でビレーも気軽にしてくれました。

にはクライミング・ジムが1か所しかありません。クライミング・ショップも1か所しかありません。でも外岩のルートは200以上あります。「この島ってすごくありません?」と聞くと、5.11cクライマー(24歳男性、クライミング歴12年)が嬉しそうに「僕、この島出身なんっすよ。クライミング、大好きなんすよ」とニコニコしていました。さーて、2019年も始動。今年がクライミング元年となりますように、明日からもトレーニングに励みたいと思います。

※日本とデンマークのグレード比較はコチラを参照しました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください