マスクはいずこ

 

2020年6月2日。今日は私の「コロナ明け」初登校の日でした。デンマークでは、幼稚園や小学校は4月15日から、中学校以上も5月18日から授業が再開されています。私の通っている介護ヘルパー学校も5月18日から再開していますが、再開と同時に試験期間に突入で、試験免除の私はその期間「自宅待機」を命じられました。というわけで、私は今日、なんとも2ヶ月半ぶりに学校へ行ったのです。

校の様子はどうだろう、と興味半分、不安半分での登校になりました。入り口は限られ、入ったらすぐに手の消毒。通路は一方通行、図書館は閉鎖、食堂や休憩室は一部アクセスが制限されています。クラスも一人一人の席が1m以上離されています。ちょっとものものしい様子に最初はびっくりしましたが、授業が始まってみると、ほぼ普段通りでした。

はマスクを着用していきました。デンマークでは「マスクによる効果には、科学的根拠なし」として、着用の義務付けがありません。ないばかりか、むしろ着用しているほうが目立ちます。それは承知の上で、一度デンマーク人の反応を見てみたいと思って、今日はマスクをしてみたのです。学校中で、マスクをしているのは、ただ一人。私だけでした。クラスメートや先生とも話しましたが、「やめたら?」とは言わないまでも「気のすむまでやったらいい」というスタンスで、中には「むしろマスクをしているほうが、湿気がこもって肺に悪い」と忠告してくれる人もいました。

本ではマスクをしていないと白い目で見られるというプレッシャーがありますが、当地ではその正反対です。私は午前中までは一人でマスクをしていましたが、お昼休みから取ってしまいました。恥ずかしくなったのです。本当のことをいうと、私はマスクを着用しないことに不安を感じます。でも、ここはデンマーク人のやり方で行ってみることにします。

ーロッパ各国で「アジアに倣え」という風潮が出てきているのに、デンマークを始め、北欧はいっこうにマスクをする気配がありません。よその国がどうしようと、自分たちは自分たちの道を行く!北欧人の独立した物の考え方には感服しますが、同時に彼らの頑固さも垣間見えます。

れでも、いざという時のため、ポシェットにマスクを忍ばせている私。北欧人をいまいち信用しきっていない、アジア人の意地なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください