デンマークのコロナ状況

ンマークで最初の感染者が発覚したのは2月27日のことでした。私は冬休みの真っ最中。当時、すでにイタリアでは相当数が感染していたので、私は冬休みにイタリアにスキーに出掛ける人々を牽制した方がいいのではないか、と思っていた矢先でした。

の感染者はそれからまもなくの3月5日に回復したという報道があり、この時点ではデンマークでも危機感は高くありませんでした(3月5日時点での感染者は19人)。それが指数関数的な増加を示すのは3月9日からです。一気に9日90人、10日262人、11日514人と増加しました。これを受けて、首相であるMette Frederiksenは3月11日に「学校の閉鎖、公務員の自宅待機」を決定しました。私の学校は翌日3月12日から閉鎖され、それ以降ずっと自宅にいます。デンマークの3月25日現在の感染者は1,724人、死亡者は34人です。なぜか回復者は最初の例を除いてゼロです。

その後、政府は矢継ぎ早に、国境封鎖、海外渡航禁止などの施策を打ち出していますが、その度に、デンマーク日本大使館がメールで緊急連絡をしてくれます。

王様が国民に向けて特別演説を行ったのは3月17日。その時すでに、ご自身の80歳の誕生日式典(4月16日)をキャンセルすると公表していた女王様は、毅然とした態度で、「この急に及んで、待機要請にも関わらず、不要の外出やパーティをすることは思慮にかけ、配慮にかけると言わざるを得ない」と厳しく批難し、「手を洗うこと、人との接触を避けること、家にとどまること」の重要性を強調しました。今から思うと、女王様の行動はとても素早かったことになります。

 

宅待機になってから、私自身の生活はほとんど外の社会と遮断されているため、何が起こっているか、正直なところよく分かりません。デンマークのテレビ報道よりも、BBCとFinancial Timesを主な情報源にしているので、デンマークの様子や詳しい施策は分かっていないのが正直なところです。

ーンホルム島においても、私の行動範囲といえば、散歩に出かけるか、近所のスーパーまで車で週2-3日買い物に出かける程度。その間、ほとんど人に会うことはありません。ただ、スーパーにはレジに1m置きにテープが張られ、各人が1m以上離れるようになっており、入り口には消毒液が置かれています。スーパーでは、パスタやジャガイモなどが時折品切れになることはありますが、それほどのパニックもなく、トイレットペーパーや石鹸は常備されています。

ジオのニュースでは、家族も家の中で極力接触を避けるよう、呼びかけられています。キスしたり、ハグしたりするのは止めるようにとも言っていました。医療や介護の現場で、消毒液やマスク、使い捨て手袋が不足が深刻化しているようです。デンマークで国内生産を急いでいるとのことでした。2日前には、中国のアリババのJack Ma氏がデンマークにもマスク(50万枚)、防疫服(5千着)を寄付してくれることになりました。

デンマークでは、もともとマスク着用の慣習がないばかりか、むしろマスクはテロリストの活動を助長するとして着用が禁止されているほどです。現在の政府の見解では、マスクにはウィルス感染を防ぐ根拠に欠けるとされています。ですから、工事用の防塵マスクを除いて、風邪用のマスクなどは購入できません。

んな中、3月24日に母から小包が届きました。3月19日に発送されているので、5日間で届いたことになります。これまで届いた国際郵便の中で最速です。この状況下で届かないかと思っていたので、驚きました。中を開けてみると、マスクが10枚入っていました。日本でも、マスクの入手は難しいと聞きました。母がなけなしのマスクを私に分けてくれたことに、とても感激しました。

後のことは誰にも分かりません。デンマークでの自宅待機は当初2週間の予定でしたが、先日延期が決定されました。私の学校は4月13日まで閉鎖が続きます。一日も早く、世界中でコロナによる感染が収束することを願わずにはいられません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください