画像

どーーーんと滝

ンマークは真っ平らな国です。緩やかな丘が広がっていき、広がっていき、そのまま広がったきり、終わりです。山がないというのは、そういうことです。自転車に乗るには最適でしょう。でも起伏のない緩慢な地形ばかりだと、かなり物足りなく感じるものです。その点、ボーンホルム島はデンマークでも例外中の例外。岩がごつごつしていて、山あり谷あり、こじんまりした島の割にはアドベンチャーに溢れています。

もあります。どどーん。その名もドーン滝(Døndalen)。落差7mを誇るデンマーク最大の滝です。

7mがなんだと言われそうですが、なんと言われようと、デンマーク最大には変わりありません。ボーンホルムの宝です。

からといって、特に保護されているわけでもありません。海沿いの車道から標識一つを頼りに、ひょいと左折するとパーキングがあって、簡単な自然歩道が続きます。特に危険というわけではありませんが、→とか注意!とか、そういった標識を見かけないのがデンマークの特徴です。

 

 

 

 

 

 

当に危険な場所もあります。Randkløve Skårという岸壁スポットです。幅1mほどの岩の間を昔はジャンプして飛ぶことができたのだそうです。でも、今は「危険!ジャンプ禁止!」になっていると聞きました。ジャンプに失敗してけが人が出たそうです。

Destination Bornholmより

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください