選挙で連立。いずこも同じ

Sweden

日、お隣の国スウェーデンで総選挙がありました。予想通り、極右政党が台頭し、与野党ともに、既存の大きな政党が打撃を受けました。結果は以下の通り。

党=<赤・緑ブロック> 40.6% 

党=<アライアンス> 40.3% 

通常の対立軸である<赤・緑ブロック>と<アライアンス>がほぼ拮抗しています。なお、極右政党は17.6%を獲得し、第三党に躍進しています。

<赤・緑ブロック><アライアンス>ともに極右政党と手を組むつもりはない、と言い切っていますので、極右政党の政権が誕生する心配はなさそうです。

、ここで問題。さて、それでは、どのような連立が組まれるでしょうか。この問いには既視感を覚えます。どのメディアも予想困難としながら、<アライアンス>を構成する4党が瓦解するのではないかとの見方が強いようです。<アライアンス>の各党の得票率は次の通り。

穏健党 19.8%、中央党 8.6%、自由党 5.5%、キリスト教民主党 6.4%

自由党とキリスト教民主党が少数政党ながら、微妙なところにいます。<赤・緑ブロック>はこの二つの党に接近中のようです。足し算、引き算、駆け引きの難しいところでしょう。

 

Denmark

2015年夏にデンマークでも総選挙がありました。その時を少し振り返ってみます。選挙結果は以下の通り。デンマークは<赤ブロック>と<青ブロック>です。

<赤ブロック> 51.9%、85議席 

<青ブロック> 48.1%、90議席

よって現政権は<青ブロック>です。この中にはデンマーク国民党という右派政党が含まれています。この時の選挙で大幅に得票率を伸ばし、一気に第二政党になり、<青ブロック>の中で最多議席を獲得しました。しかし、デンマーク国民党からは国会議長のみが選ばれ、首相には歴代与党であるVenstre党から経験者が就任しました。

のブログを書くにあたって、初めてデンマークの現政権のホームページに行ってみましたが、すごくかっこいいのに驚きました。ざっくり各政党ごとの大臣をまとめると以下の通り(訳は自己流)になります。

Venstre: 首相、財務大臣、防衛大臣、労働大臣、移民大臣、厚生大臣、科学技術大臣、税務大臣、エネルギー大臣、開発大臣、農林環境大臣、イノベーション大臣、男女同権大臣、北欧大臣

Liberal Alliance: 外務大臣、内務大臣、文部大臣、文化大臣、国交大臣、老齢大臣

Conservative: 法務大臣、経済産業大臣、子供・セキュリティー大臣

<青ブロック>がVenstre、デンマーク国民党、Liberal Alliance、Conservative、Chiristian Democratで構成されることを考えると、デンマーク国民党からは大臣が一人も選ばれなかったことになります。あらためて驚きました。私は国政への選挙権を持たない移民の分際でありますが、少しは政治に関心を持ったほうがよさそうです。