J-dayとは?

ンマークでは11月の第一金曜日は「J-Day」と呼ばれます。これはJulebrygというクリスマス・ビールの解禁日のことで、JulebryのJを取ってJ-Dayです。

確には、J-dayの20時59分にクリスマス・ビールが解禁されます。このビールを待って街に繰り出し、少し早いクリスマス気分を味わいます。クリスマス・ビールの特徴は、リコリスという甘草の一種を使っていることでしょう。色はダーク、若干強めのアルコール度。ピルスナーより滑らかな味わいです。私はライムを絞って飲むのが好きです。

なみにリコリスを使ったグミのようなお菓子は北欧では大人気です。色が真っ黒で、イカ墨のお菓子のようです。形はいろいろあります。味は、なんといったらいいのでしょう、私にとっては「うえーーーー」っとしか表現できません。私が唯一、食べられないものです。

また、解禁時間が20時59分、と中途半端な理由はよく分かりません。ペダスカー村のスーパーの開店時間は7時28分で、閉店時間は18時2分です。

年前から定着したハロウィーンが終わったばかりで、街やお店の装飾、広告が一斉にクリスマス色に変わりました。「なんだ、もうクリスマスかよ」とパートナーは顔をしかめたくせに、クリスマス・ビールにはなんの抵抗もなし。それに向かって一直線。昔はクリスマス・ビールというと、デンマーク二大ビールの一つ、Tuborg (ツボルグ)だけでしたが、今はいろいろなマイクロ醸造所のものを味わえます。