画像

ここにも歌姫

歌うときのTシャツ


が毎週参加している教会の合唱団の名前はSanglærkerneです。どういう意味なの?と聞いたら「春になるとピーチクパーチク鳴く鳥の名前よ」との返事でした。その後、鳥の名前を調べるのはすっかり忘れてしまいましたが、最近春めいてきて、ピーチクパーチクが聞こえてくるではありませんか!そうか、あの鳥は「ひばり」のことだったんだ!

さな合唱団で、総勢10名。うち、家族が6名です。元々、歌を歌うのが好きだったおじいさんとおばあさんが始めた合唱団だそうです。そのお孫さんの名前が実は、Lærke。ピーチクパーチク、賑やかに笑う可愛い7歳の女の子です。思えば、彼女「ひばりちゃん」です。かわいらしいけど、ちょっと変わった名前だな、なぞと考えていたら、ふと「美空ひばり」のことを思い出しました。ああ。歌姫にはぴったりの名前なんだ。音楽の溢れる楽しい家庭で、おじいさんとおばあさんの愛情をいっぱいに受けて育っているんだろうな。私は、こんな合唱団が大好きです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください