デンマーク語のレベルいろいろ。

の現在のデンマーク語のレベルはモジュール5.2(Modul 5.2)。多分、英検でいえば、3級か準2級くらいだと思います。モジュール5は5.3と5.4まであって、それが終わると「デンマーク語検定3(Dansk Prøv 3)」というのを受けます。この「検定3」はデンマークで永住権を取るときの必須要件の一つです。

ンマークにおける語学評価の指標は他にもあります。成人のためのデンマーク語学校(FVU)が使っている評価軸でいうと、私のレベルは「段階4 (Trin 4)」。「段階4」コースの最後にテストを受けて、これに受かると中学校卒業レベルのデンマーク語のお墨付きをもらえます。これはデンマーク語レベルFに相当し、成人のための職業訓練校に通うにあたっては最低限のレベルです。

た、EUの基準に沿ったデンマーク語のレベル分けもあります。A-1、A-2などと段階分けされ、これは結婚ビザに必要になります。A-1はごくごく基礎的なデンマーク語で、「こんにちは」「どこから来ましたか?」。これに受かると結婚ビザ申請で必要となる預け金が減額されます。A-2も基礎デンマーク語ですが、ナレーションを聞いて相当する絵を選ぶなどA-1より少し難しくなります。これに受かると預け金がさらに減額されます。

のように、デンマークに移住しようとする人は、さまざまなデンマーク語のテストを受けねばなりません。なんで包括的な語学検定を設けないのか分かりません。きっと縦割り行政の弊害なのでしょう。