ないものは作ってもらう

 

末も終わろうかという日曜日の午後8時。バゲットを焼いてみました。天然酵母、加水量80%です。

クープがない

ちょっと味見でかじった

 

 

 

 

 

 

 

来は悪くないけれど、まだクープが開きません。いろいろ考えた結果、「まだ足りないものがある」という結論に至りました。それは

  • 発酵器
  • オーブンの火力と水蒸気
  • 銅のオーブン板

くてもいいのかもしれません。これまでは代替品でそれなりにやってきました。代替品とは、発砲スチロールの発酵器、スプレーで噴射する熱湯など。銅板がいいことは前から知っていましたが、私は代わりにピザ用の石板を使っています。オーブンも280度まで火力はあります。これ以上を願うのは贅沢なのか。いちおう、パートナーに相談してみました。

「いいよ、作ってあげるよ」。あっさりと承諾の答えが返ってきました。発酵器には、壊れた小さな冷蔵庫を拾ってきて、蒸気発生器を入れるつもりらしいです。ITオタクの元居候に頼んで、自動温度管理も実現させようか、なんて言っています。オーブンについては、いつになるか分かりませんが、庭のテラスにピザ用の石窯を作るつもりのようです。薪で焼くやつです。そうしたら、一気に火力は800度。銅板も要らなくなります。石窯に水蒸気を入れるのは、若干難しい注文ですが、これも頼めばどうにかしてくれそうです。

うなってくると、クープが開かない問題は解決にむけて大きく前進です。後は、細かいけれど小道具が欲しいところ。

  • クープを入れるナイフ。もうちょっとキレるやつ。
  • バゲットを二次発酵するときに使うキャンバス布。
  • バゲットを天板に移すときに使う専用板。

れらも、いらないといえば、いらないのかもしれません。 今は適当に代用品を使ってしのいでいます。もし、道具が揃ったら、うまく焼けない原因は、一重に私の腕ということになってきます。それはそれで、少し怖い。

ンは、材料も道具もシンプルでいいところが魅力。しばらく、今のやり方で練習してみます。それにしてもいい匂い。明日はこのパンでサンドイッチでも作って持って行こうっと。

 

※写真に見えるパンの中のブドウは「レーズン酵母」のものです。本当は、酵母が出来上がったらレーズンは取り除くのが正しいのですが、私はそのまま使っています。ブドウの味はしないので、パンの風味に影響はありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください