語学のよい勉強法

舎の語学学校だから、あまり期待していなかったのに、申し訳ないほどいろんなことを教えてもらっています。今日習ったのは「読解力アップの方法」。理解力も増し、速読もでき、しかも単語力もつくとなれば、三拍子揃った勉強法です。

訣は3つ。【1】読む前、【2】読んでる間、【3】読み終わった後の三段階にそれぞれテクニックがあります。

【1】読む前:タイトルや絵、キャプションなどから内容を想像する。そして、内容を勝手にブレーンストーミングしてみる。キーワードになりそうなものを書きだしておく。さらに質問をいくつか想定しておく。

【2】読んでる間:質問の答えとなりそうな箇所に下線やメモ。本文からのキーワードを抽出し、さきほど書きだしたブレーンストーミングの紙に追加する。分からない単語などもこの時にマークしておく。

【3】読み終わった後:質問の答えが見つかったかどうか、確認する。新しく得た知識は何か考える。疑問点が残った場合は、さらに自分で調べる。

の方法に従って、2ページほどの文章を読みました。そして、以下のようなことに気が付きました。

  • ブレーンストーミングする時、内容的に想像できても出てこない単語/知らない単語があるが、本文を読み進めると、その単語に遭遇することがある。「なるほど!そう言うのか」という学びの反復作業になり、印象に強く残る。
  • ブレーンストーミングした紙に本文のキーワードを追加することで、類似する語彙が増え、表現に幅が出る。
  • 予め想定していた内容と新しい情報の区別がはっきりする。
  • 自分が知りたいことは何か、さらに調べることがはっきりする。

だ漫然と読んでいると、分からない単語にやきもきしたり、一言一言に捉われて全体を見失ってしまうことがあります。この方法で読むと、ざっくり読んでもだいたい内容が把握できます。情報を能動的に取りに行くことで、読む力がアップしているのでしょう。先生は「読む前にブレーンストーミングすることで語彙力が活性化する」と言っていました。

々「あー、あれ何て言うんだろう」と思っていても、やり過ごしてしまうことが多いです。この方法を使って、語彙のシナプスを増やしてみようと思いました。