シェットランドレース♥完成♥

2015年から編んでいたシェットランド・レースのショールがやっと完成しました。編んでは止め、編んでは止めの繰り返しでしたが、コロナの自粛でまとまった時間が取れたので、一気に編み進みした。これこそ『禍転じて、福となす』です。

ああ素敵♥

ああ素敵♥

ザインは嶋田俊之先生。先生の作品はどれも大好きで、靴下の本も持っていますが、このシェットランドの本を見たときは衝撃でした。とても自分では編めると思えなかったので、一度は本屋さんを出ました。でも、意を決してまた本屋さんに戻って買いました。

は極細のシルクとモヘアの混毛を使っています。棒針は7号(太め)の手袋用の短いものを使いました。模様の大きな穴が特徴で、このため、間違えてしまうと、元に戻せなくなります。だから、編んでいる途中は、所々に「生命線」と呼ばれる渡し糸を通していました。幸い、私はそれほど大きなミスなく済みましたが、それでも一度、5段ほどほどいて間違いを修正しました。神経を研ぎすまし、冷や冷やしながらの作業でした。

んわり羽織ってみると、ただの黒いTシャツが、ぱっと夜会服に変身しました。周りがキラキラ、自分もキラキラして見えます。軽くて温かくて、夏の夕方でもいけそうです。私はあまりにテンションが上がりすぎて、1時間くらいぼーっと見惚れてしまいました。これを付けて、早くどこか素敵な海辺のレストランでお食事でもしたいな。

るんるんお出かけ気分♥

っと家庭菜園やボイラー掃除で忙しかった私でしたが、久々に乙女チックな想いに浸ることができました。おばさんでも女の子。こういう時間が、やっぱり必要です♥

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください