リンク

木苺でタルト

庭の木苺

 

年のデンマークの夏は記録的に晴天が続き、皆大喜びでした。一方で、雨不足は様々な農作物に影響を及ぼしました。小麦は乾燥でダメージを受け不作ですが、フルーツは異例の大豊作だそうです。danskehavnでは、野生の木苺(ブラックベリー)がたくましく育っており、これまでたくさん収穫してきました。取ったものはジャムや天然酵母に使い、来年用に1kgほど冷凍もしています。そんな木苺のシーズンもそろそろ終わりに近づいています。

ンスタグラムやフェースブックなどでは、晩夏から初秋にかけての風物詩・木苺を愛でるかのように、お菓子のレシピがたくさん載っています。お菓子作りは私の守備範囲ではないのですが、木苺のタルトのレシピがあまりに美味しそうだったので、挑戦してみようと思いたちました。

レシピはfinaxという製粉会社のホームページのものです。リンクはこちら(デンマーク語)

【材料】
パイ生地
150 g 薄力粉
60 g  粉砂糖
75 g  バター
2  卵黄
パイに詰める木苺
300 g  木苺(ブラックベリー)
50 g  きび砂糖
1 小さじ バニラ砂糖
1 大さじ 片栗粉
パイの上に載せるアーモンド
75 g  アーモンド粉
100 g 強力粉
100 g  バター
75 g  生マジパン

【作り方】(※一部、日本でもおなじみのプロセスは省略しました)

  • パイ生地を作る(厚さ2-3mm、直径22㎝のパイ型、オーブン焼成は210度で10分)
  • 木苺の材料をボールで混ぜる。オーブンから出したパイが冷めるまで待ってから、木苺をフォークで潰し、型に流し込む
  •  アーモンドのクランブル用のバターや柔らかくしておき、生マジパンはすりおろしておく。すべての材料をよく混ぜ、パイの木苺のうえにパラパラと散らす
  • 200度のオーブンで30-35分焼いたら、完成。サワークリームかバニラアイスクリームと一緒にどうぞ

ヨーグルトに木苺ジャム

をいうとまだ作っていません。生マジパンのところにひっかかって、いまだに決行するか逡巡しているのです。マジパンというと、日本ではケーキの上に飾る着色されたマジパンの細工菓子を思い浮かべますが、それ以外で登場する機会はあまりありません。デンマークではマジパンはパンやお菓子によく使われる材料の一つです。苦みというか酸味というか、アーモンド独特の風味が、最初は気になりましたが、慣れるとやみつきになります。甘いお菓子によく合います。ですからマジパンは通常、どこのスーパーでも売っています。500gで45クローネ(800円)とあります。300gだと25クローネ450円。問題は、私の記憶が正しければ、マジパンはあまり日持ちせず、すぐにカサカサになってしまったような気がすることです。今、ネットで調べてみたら、デンマーク人でも「期限が半年過ぎたマジパンは食べれますか?」と聞いている人がいました。答えは「臭ってみたら?」「飴みたいなものだから、半永久的なのでは?」。

残ったマジパンはデニッシュの中身にしてもよし、他のお菓子に使ってもよし。とりあえず、臭ったりカサカサになる前に使い切ることにして、明日にでもマジパンを買いにPedersker村まで行ってみます。